ホーム  >   宮城県放射線技師会について

宮城県放射線技師会について

本会は、診療放射線技師の職業倫理の高揚、診療放射線学及び診療放射線技術の向上発達、並びに地域医療及び公衆衛生の向上を図り、もって県民の健康の保持及び増進に寄与することを目的とする。

本会は、前条の目的を達成するために、次の事業を行う。

(1)衛生思想の普及啓発
(2)医療における放射線技術を通じての地域保健事業への協力
(3)医療における放射線被ばく軽減への努力
(4)学術研究会、研修会等の開催及び会報の発行
(5)その他本会の目的を達成するために必要な事業

会長の挨拶

平成29年9月1日

 宮城県放射線技師会ホームページにアクセスしていただきありがとうございます。

 本会は、宮城県内に居住又は勤務する診療放射線技師を正会員し、昭和25年に設立した公益法人です。会員の職業倫理の高揚、診療放射線学及び診療放射線技術の向上と発達、並びに 地域医療及び公衆衛生の向上を図り、県民の皆様の健康維持及び増進に寄与することを目的として活動しています。

 主な活動としては、『県民公開講演会』、『医療画像展』等の開催を通して、県民の皆様が少しでも安心して検査が受診できるように、放射線に関する情報の紹介を行っています。

 また、診療放射線技師の関わる画像診断部門や放射線治療部門の進歩は目覚ましく、常に最先端の知識や技術が必要とされています。本会では、『総合学術大会』、『各種研修会や講習会』等の開催を通して、診療放射線技術の研鑽、職業倫理の向上を行っています。

 本ホームページでは、県民の皆様にこのような本会の活動内容や診療放射線技師の役割、放射線の安全・安心に関する情報、放射線検査に対する理解を深めていただくことができる、きめ細やかな情報を分かり易くお知らせして参ります。また、会員の皆様には、本会の行事内容の伝達と診療放射線技術の向上のために、各種情報提供の充実に努めて参ります。

 今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

宮城県放射線技師会 会長 立花 茂