ホーム  >   一般のみなさまへ  >  「公益事業」カテゴリー内の記事一覧

公益事業

あなたのための医療画像展県民公開講演

第6回:医療放射線展【X線発見100年事業】

開催日:平成7年11月

開催場所:仙台駅コンコース(ステンドグラス前広場)

来訪者:1800名 一般県民(入場者にプレゼント進呈)
・パネル展示
・医療放射線検査相談コーナー
・機器展示
・ビデオ放映
・大型マルチビジョンによるレントゲン博士の業績について放映
・MR、DSA、CT、の原理や装置の紹介
・核医学・放射線治療の紹介
・ワークステーションによる3D画像表示
・病院等で使用されている放射線についてのご案内パンフ配布
・入場者へのアンケート調査依頼
・脳ドック案内パンフレット
・癌に関するリーフレット配布(村がん協会資料)
・超音波装置

ヒトとエイズウイルスの戦い

平成7年5月27日〔土)

開催場所:エルパーク仙台

東北大学助手

宮澤 正蹄 先生

エイズの原因ウイルスHIVはレトロウイルスの仲間で、細胞に感染すると染色体に潜み、 DNAの形で分裂に伴って次の世代の細胞へと伝えられていく。このような『究極の細胞内寄生 体』であるHIVに村する宿主の感染防御反応は、ウイスル遺伝子を持った細胞を体内から全て排 除することによってのみ達成される。人類はHIVに勝てないのか、最も大切なのはHIVに感染し ないことである。そのためには正しい認識と、正確な情報伝達と教育が必要である。

成人病と一次予防の重要性

平成6年10月15日(土)

開催場所:宮城県民会館

仙台市健康増進センター副所長

工藤 啓 先生

日本は高齢化社会を迎えて、病気に関しては成人病が最も大きな課題となっている。成人病 に対する考え方は早期発見早期治療(2次予防)が従来から取られているが、最近では病気の 発生そのものの予防が注目されている。成人病は、別名生活習慣病とも呼ばれており、日常の 生活習慣から発生すると思われ、生活習慣の改善(1次予防)が効果的と考えられている。栄 養、運動、休養がキーワードなるライフスタイルの確立がポイントとなる。

第5回:医療放射線展

開催日:平成6年10月

開催場所:エルパーク仙台 セミナーホール

来訪者:420名 一般県民
・パネル展示
・医療放射線検査相談コーナー
・機器展示
・ビデオ放映
・超音波装置

原子力発電 −その必要性と安全性−

平成6年5月14日(土)

開催場所:エルパーク仙台

東北放射線科学センター教育研修部長

鎌内 浩次 先生

昨年の稲の不作によって、巷では主食である米の供給体制が話題になっております。私達の 身近な問題として、もう1つの社会の米と言うべきエネルギー問題を考えてみませんか。エネルギー供給の一翼を担っている原子力発電、それに伴い発生する放射性廃棄物や放射線管理に ついて。

治療可能な痴呆症状

平成6年2月12日(土)

開催場所:仙台市民会館 (地下小ホール)

東北大学医学部教授

佐々木 英忠 先生

暖をとるにもボタン、トイレへ行っても水でお尻を洗う便器ではボタン、ごはんを炊くにも ボタン等々、これらの便利な装置に囲まれて生活しているためすべてのボタンの押し方を記憶 しない事には社会生活がでさないしくみになっています。今日のような快適な生活を維持する ためにはほんのわずかの物忘れも許されない生活様式になっています。この、物忘れ、即ち痴 呆症を過度に心配するようになっているように見受けられます。今回は治療可能な痴呆症状に ついて。

第4回:医療放射線展

開催日:平成6年2月

開催場所:仙台市民会館 地下展示場

来訪者:330名 一般県民
・パネル展示
・医療放射線検査相談コーナー
・機器展示
・ビデオ放映
・超音波装置

スポーツ傷害とその予防

平成5年5月29日(土)

開催場所:エルパーク仙台 セミナーホール

阿曽沼整形外科医院院長

阿曽沼 要 先生

最近、スポーツによるケガが多発しております。一番の原因は「兎跳び」などの間違ったト レーニングや、「野球肘」などのやりすぎによるものです。主なスポーツ傷害を説明し、ケ方を しないでスポーツを楽しむ方法を説明し、また不幸にしてケガをした場合、早くスポーツに復 帰する方法について。

第3回:医療放射線展

開催日:平成5年1月

開催場所:エルパーク仙台 スタジオホール

来訪者:530名 一般県民
・パネル展示
・医療放射線検査相談コーナー
・機器展示
・ビデオ放映

胆石はどうしてできるか、その治療はどうするか

平成4年3月18日(水)

開催場所:エルパーク 仙台セミナーホール

東北大学医療技術短期大学部数授

鈴木 範美 先生

最近のわが国における胆石症の傾向、胆石の成因、胆石の種類とその臨床症状、診断と治療 法(経口胆石溶解法、体外衝撃波胆石破砕療法、内視鏡下胆嚢摘出術、手術療法など)の現況 と問題点、無症状胆石の取扱いなどについて。

32件中 21~30件を表示