ホーム  >   会員のみなさまへ  >  「その他 ー 会員向け」カテゴリー内の記事一覧

その他 ー 会員向け

【注意喚起】「放射線機器管理士」及び「放射線管理士」の『過去問題』がオークションサイト に出品されていることについて

【情報提供】医療関係職種の養成所・養成施設におけるB型肝炎に関する教育の推進について

【情報共有】総務省による平成29年度『電波の植込み型医療機器及び在宅医療機器等への影響に関する調査等』報告書について

報告書はこちらから入手可能です

厚生労働省医政局より「 医療機器に係る安全管理のための体制確保に係る運用上の留意点について 」 が発出され,「CTエックス線装置及びMRI装置の保守点検計画の実施 」について記載されました.

厚生労働省医政局地域医療計画課長及び、 厚生労働省医政局経済課長より 「 医療機器に係る安全管理のための体制確保に係る運用上の留意点について」 が発出されました.

本通知では「保守点検計画を策定すべき医療機器」に,CTエックス線装置(医用X線CT装置)と磁気共鳴画像診断装置(MRI装置)が含まれています.

詳しくは,下記「医療機器に係る安全管理のための体制確保に係る運用上の留意点について」及び,「医療機関における放射線関連機器等の保守点検指針」をご参照下さい.

http://www.jart.jp/news/ib0rgt0000004fo4.html

【通知】高濃度ポリ塩化ビフェニルを含むコンデンサー等が使用されたX線機器の所有の有無の確認及び早期処理の周知徹底について

「放射線検査時の患者アクシデントの環境要因の分析」のためのアンケート調査のご協力のお願い

各位

 学術委員会学術調査研究班:放射線科検査室内における患者転倒の環境の分析検討班よりアンケートのご協力が来ております.ぜひご協力をお願いします.

詳しくはこちら

 

マネジメント研修会資料配布について

会員各位 

 1月21日に行われたマネジメント講習会にて,(株)日立製作所 渉外本部 担当本部長 野口雄司先生による「放射線部門における診療報酬制度の内容と今後の改正ポイント」の特別講演が行われました.
 とても興味深い内容でありました.野口先生より,資料を提供してよいとの申し出があり,県内の多くの技師の方々に配布したいと考えました.
 申し込みは,下記アドレスまでメールにて申込みいただければ,メールにてデータを返信いたします.

【お問合せ先】
 E-mail : office@radtech-miyagi.or.jp
 担当者 : 立花 茂 宛

造影剤等自動注入装置に関するアンケート調査(お願い)

平成27年8月20日

施設・所属長 各位

公益社団法人 宮城県放射線技師会
会長 阿部養悦
放射線機器管理士班
班長 三浦一隆

造影剤自動注入装置・PET薬剤注入装置におけるアンケート調査実施について
(ご協力のお願い)

 拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて昨年度、公益公益社団法人宮城県放射線技師会放射線機器管理士班では「平成25年度宮城県内における放射線業務実態調査アンケート」から、放射線機器管理に関するアンケート集計および結果報告を行いました。その結果、造影剤自動注入器(インジェクター)における日常点検実施率が約50%と低いことから、放射線機器管理士班は患者さんに安全に検査を受けていただけるようまず日常点検の実施率を上げることを目標に、施設の保守点検契約状況調査および会員の日常点検に対する意識調査を行うこととなりました。できるだけ多くの回答をいただき、より精度の高い調査を行い会員の皆様にフィードバックできるよう努めたいと考えております。

 つきましては、お忙しいところ誠に恐縮ではございますが、下の「施設所属長へ(ご依頼)」をご一読いただきまして、本調査にご協力を賜りたくお願い申し上げます。なお、「モダリティ別用」につきましても代表の方1名にご記入をお願いいたします。

敬具

 

施設所属長へ(ご依頼)

保守点検契約状況等に関する回答用紙(施設用)

日常点検等に関する 回答用紙(モダリティー別用)

ネパール支援金のお願い

平成27年7月

会員各位

公益社団法人 宮城県放射線技師会
会長 阿部養悦

ネパル支援金のお願い

 会員の皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 この度、日本診療放射線技師会から地震災害のネパールに対する支援金に関する協力依頼がありました。
 つきましては、下記により支援金のご協力をお願い申し上げます。

 

銀行名 りそな銀行 芝支店
口座番号 普通口座 1569223
口座名  公益社団法人日本診療放射線技師会支援金受付
受付終了 8月8日

「診療用放射線関係届出様式の説明会」 開催のご案内

平成27年6月

会員各位

公益社団法人 宮城県放射線技師会
会長 阿部養悦

診療用放射線関係届出様式の説明会開催について

 新緑の候、会員の皆様には益々ご健勝のことお慶び申し上げます。
 さて、平成27年4月1日より保健所に届け出る医療法に基づく診療用放射線関係の様式が改正されたところですが,、この度、宮城県保健福祉部医療整備課ならびに仙台市保健所から放射線管理担当者を対象に、届出書の記載内容に関する理解を深め、医療機器の安全管理の推進を図ることを目的として下記説明会の開催案内が届きました。放射線機器の新規導入ならびに更新の際の実務内容の変更に関する説明会ですので、多くの施設の担当者が参加されますようご案内申し上げます。

 

日 時 平成27年7月8日(水)午後3時~4時30分頃まで
場 所 仙台市急患センター(仙台市医師会館) 2階ホール
仙台市若林区舟丁64-12(仙台市営地下鉄「河原町駅」下車徒歩3分)
対象者  放射線管理担当者(診療放射線技師長等)
内 容
(1) エックス線装置備付届出書の記載例について  
(2) エックス線装置の使用前検査について  
(3) その他  
その他 当日駐車場はございませんので,公共交通機関の御利用をお願いします。
担当 ・申込先 宮城県保健福祉部医療整備課医務班 芳賀様・小野寺様
電話 022-211-2614 FAX022-211-2694
E-mail imu@pref.miyagi.jp
〒980-8570 仙台市青葉区本町 3-8-1
締 切 6月28日必着です。また、会場の都合により定員に達し次第締め切りとなります。

詳しい案内はこちら

参加申込書はこちら

31件中 11~20件を表示